観光タクシーだから安心な神戸の酒造めぐり

神戸市の東に位置する灘は、5つの酒造があることで知られています。点在している酒造では、蔵の見学やお酒の試飲を行っている場所もあり、観光スポットとしても人気です。点在している各酒造を巡るには車などの移動手段が必要です。初めて訪れる場所ならレンタカーでの運転は何かと不安でしょう。慣れない道を運転するとなると道に迷ってしまうかもしれませんし、ナビに集中する必要があります。

また、せっかく酒造を巡る旅なのに同行者が運転をしなくてはならなければ、平等に楽しむことができません。公共交通機関を利用するとなると、各スポットへのアクセス方法を調べる必要があります。時刻表が決まっており、乗り換えや移動をスムーズにしなければ各スポットを巡る時間が減ってしまうかもしれません。しかしながら、お酒を楽しんだ身体でバスや電車のために早歩きをしたり走ったりすると体調に響きますし、そのあとバスや電車に乗るとさらに酔いが回ってしまうことも考えられます。

このような状況に陥らないためにも、点在した複数の観光スポットを巡る際には観光タクシーを利用するととても便利です。観光タクシーであればドライバーが運転をしてくれるため、利用者はお酒を飲めます。各酒造を巡ることで蔵別やお酒の種類別に様々な違いを楽しめる観光となるでしょう。

酒造ではお酒を買えますが、お酒は瓶に入っていることが多くたくさん持ち帰ろうとすると重たくて大変です。瓶であれば粗雑に扱うと割れてしまうため、持ち運びに注意しなければなりません。特に早めに立ち寄った酒造でお酒を購入した場合、次に行く先で手荷物となってしまい邪魔になるでしょう。重たくて肩を痛めてしまえば、観光当日だけではなくその後の日常にも支障が出てしまう可能性があります。しかし、観光タクシーなら手荷物は全て観光タクシーの車内に置いておけるので安心ですし、お土産として気に入ったお酒を迷わずに好きなだけ買えます。

更に手荷物が減ることで身軽な状態で酒造内の観光も楽しめるでしょう。またお酒や飲み物によっては冷やした方が美味しくなる場合もあるかと思います。ホテルに戻ってすぐに飲みたいとしても移動中の保存に戸惑うでしょう。その場合は観光タクシーのトランクにあらかじめクーラーボックスを置いておくと良いです。買った飲み物はすぐにクーラーボックスで冷やせるため、車内のクーラーで冷やす必要はなく体調を壊すこともありません。

帰りは指定した場所で降ろしてもらえます。当日に宿泊するホテルや帰りの駅を指定していれば、お酒を飲んでいても安全に自室へと帰れるでしょう。後は寝るだけとしておけば、どれだけお酒を飲んでも平気なので日中に酒造を楽しめるモチベーションが違います。