観光タクシーで神戸の夜景スポットへ行く

神戸の夜景は、1000万ドルの夜景と言われるほど有名なスポットです。その中でも、摩耶山にある展望広場から見える夜景は人気です。日本三大夜景の一つで、神戸に行ったのであれば訪れておくべき場所といえます。展望広場へ向かうルートは、山道であるとともに、まれにイノシシが出没する恐れがあります。そのため夜景を見に車で向かう際には、十分に注意をして運転しなくてはなりません。もし慣れない山道の運転が心配であれば、観光タクシーを利用しましょう。

山道はカーブが多く、離合が難しくなっています。道も暗く、特に夜であればなおさら運転が難しくなります。しかし観光タクシーは、運転技術を磨いてきたプロのドライバーが運転をしてくれるため安心です。また女性だけの旅であれば、夜道など不安になってしまうかもしれません。その点は、ドライバーにお願いをして一緒に各観光スポットへ向かってもらうことで解決できます。必要であれば夜景が見える場所まで同行してもらえるので安心度が高いです。さらに夜景を見に行く時間となれば、夕飯を食べてから見に行く場合もあるでしょう。その夕飯の際にもおいしいお酒を楽しめます。観光タクシーを利用して自分で運転をする必要がなくなれば、飲酒をしても問題ありません。

他にも、神戸布引ロープウェイもあります。神戸布引ロープウェイは、ゴンドラから美しい夜景を見られる場所です。ドライバーに同行してもらうのも一つの手段ですが、必ずしも常に一緒に移動をしなければならないというわけではありません。友人や恋人など、一緒に旅をする人たちだけで回りたい場合にはその旨を伝えましょう。そうすればドライバーは車内で待機してくれます。利用者の希望にしっかり応えてくれるのがポイントです。

神戸市から約30分から40分程度で行ける、明石海峡大橋という場所もおすすめです。ライトアップされた橋と、ライトの光が海に反射して幻想的な風景を醸し出している場所で、ぜひ訪ねておきたい所です。明石海峡大橋は、神戸市から少し離れているので観光タクシーを使うと便利です。公共交通機関を利用するとなると、夜遅い時間では運行していない場合もあります。観光タクシーは時間を気にせずに自由な観光を可能としており、各観光地でもゆっくり楽しめます。地元を知り尽くしているドライバーだからこそ知っている、夜の明石海峡大橋をきれいに見られるスポットを教えてくれることもあります。インターネットや本には載っていない穴場などを紹介してもらえれば、より一層充実した観光となります。